本気で可愛くなりたい!そんなあなたに誰でも簡単に可愛くなれる方法を伝授!いつも可愛いあの子が実践している秘密の可愛くなれるテクをこっそり教えちゃいます!

可愛くなりたい

可愛くなりたい.jp編集部

スキンケアをして可愛くなりたい

花粉による肌荒れにも負けない!対策方法やおすすめメイク方法をご紹介します

投稿日:

「花粉で肌荒れしてつらい」「花粉の時期でも可愛くなりたい」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。花粉が引き起こす症状の中には肌荒れもあるため、対策方法が必要です。

この記事では花粉の時期の肌荒れ対策方法やおすすめのメイク方法をご紹介します

花粉の時期の肌荒れは花粉のせいかも

「春に肌荒れしてしまう」「花粉症の症状と一緒に肌荒れも起きる」悩んでいる人も多いです。スギやヒノキなど、花粉が大量に飛散すると、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状だけでなく、肌のかゆみや赤みが表れることがあります。

これはアレルギーの原因である花粉が肌に直接付着するためといわれています。健康な肌であれば花粉の侵入をブロックできますが、アレルギー反応が出ている肌は皮膚への侵入を許してしまう場合があります。

侵入してきた花粉に反応して炎症が起こり、かゆみや赤み、湿疹として現れることもあるのです。

マスクやティシューの摩擦も原因の可能性がある

花粉の時期はマスクをしたり、ティシューを使ったりする機会も増えます。マスクやティシューを何回も使うことで、摩擦が起こり、肌のバリア機能を低下させてしまう場合があります。

花粉の時期の肌荒れを防ぐための対策方法

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

arena船橋店(@arenafunabashi_official)がシェアした投稿

スギやヒノキなど、特に花粉が多い春先は、肌荒れなどの肌トラブルが起きやすくなります。そのため日常的に対策を行うことが、症状を軽くすることにつながるでしょう。

ここでは肌荒れを防ぐための対策方法をご紹介します。

花粉ができるだけつかないようにする

花粉にアレルギー反応を起こしている場合、原因物質であるアレルゲンにできるだけ触れないことが大切です。花粉の飛散量が多い日には、マスクやメガネ、帽子などで花粉の付着を防ぎましょう。

またできるだけ花粉のつきにくい素材の服を選ぶことも大切です。すべすべした素材の服を選び、帰宅後は玄関前で花粉をはらいましょう。

また帰宅後はすぐに手洗い、洗顔をし、可能ならお風呂に入って花粉を洗い流すのがおすすめです。

毎日のスキンケアは保湿が大切

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

資生堂 d プログラム(@dprogram_ofc)がシェアした投稿

春先は肌が乾燥しやすいため、肌のバリア機能が低下してしまいやすい時期です。そのためスキンケアを念入りに行い、肌をみずみずしい状態に保つことが大切です。

クレンジングや洗顔

クレンジングや洗顔料は刺激の少ないものを選びましょう。またしっかり泡立てて、こすらずやさしく洗うように心がけます。

また洗顔後にタオルで水分を拭きとるときは、タオルをそっと押し当てます。ごしごしと拭かないようにしましょう。

化粧水や乳液

乾燥は肌のバリア機能を低下させてしまいます。そのため保湿効果の高い化粧水や乳液をつかってケアしましょう。つけるときはこすらず、手のひらでそっと包み込むようにします。

コットンなどを使うときは、摩擦に気を付けます。また肌荒れがひどいときは、低刺激のものを選びましょう。

花粉をブロックする

外出時には、花粉が肌につかないように、日焼け止めやファンデーションなどのメイクをしましょう。敏感肌用や低刺激のものを選べば、肌の負担を減らせます。

内側からもケアしよう

肌は外側からだけでなく、内側のケアも重要です。生活習慣を見直し、暴飲暴食は避けましょう。また皮膚の元となるたんぱく質や、代謝を助けてくれるビタミンミネラルなどを積極的に摂取するのがおすすめです。

さらに肌のターンオーバーを助けるには、十分な睡眠をとることも大切です。できるだけ毎日決まった時間に、しっかりと睡眠を取りましょう。

もっと可愛くなりたい!花粉の時期のメイク方法

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

資生堂 d プログラム(@dprogram_ofc)がシェアした投稿

肌荒れがひどいときは、できるだけメイクを控えめにすることが大切です。保湿をしっかりとして、紫外線や花粉から肌を守るようにメイクをしましょう。

1.保湿をする

ファンデーションを塗る前に、しっかり保湿をしましょう。保湿をしっかりすることで、メイクを長持ちさせられます。化粧水や乳液、美容液などを使い、潤いを閉じ込めます。

ただし油分が多いものを使うと、メイクが崩れやすくなるので注意しましょう。

2.ファンデーションを塗る

肌荒れの時でもファンデーションを塗りましょう。花粉や紫外線、汚れなどの刺激から肌を守るためにも、ファンデーションが必要なのです。

ただしファンデーションの種類を選ぶことも大切です。基本的には低刺激や敏感肌用など、肌にやさしいものを選びましょう。

乾燥している肌やニキビ肌の場合、パウダータイプがおすすめです。リキッドタイプは油分が多く、肌に負担がかかってしまいます。

まだできるだけ薄めに塗ることも大切です。

3.ハイライトを効果的に使おう

肌荒れは無理に隠すより、光の効果を使いましょう。

ハイライトでポイントメイクをすることで、肌荒れが目立たない透明感のある肌へと導いてくれます。

ほおの高い部分や目尻などにさっと入れましょう。

まとめ

花粉の時期は、肌のかゆみや赤みなど、肌荒れに悩む人も多いです。そのため花粉ができるだけつかなくしたり、毎日のスキンケアに気をつけたりすることが大切です。

またメイクにも気をつけて、きれいな肌を保ちましょう。

可愛くなりたい人気記事3選

1

1ヶ月あれば今よりもずっと可愛くなれる!可愛くなるために今日から実践したい5つのポイントを紹介します。 たかが1ヶ月されど1ヶ月。「新学期までに可愛くなりたい!」「イベントまでに可愛くなりたい!」と思 ...

2

奥二重さん・一重さん向けデカ目メイクには『ダブルラインメイク』がおすすめ! 二重まぶたグッズなし、ナチュラルメイクで綺麗な二重に見せましょう♪ 目次1 〈ダブルラインメイク〉で可愛くなりたい!2 なぜ ...

3

「肌が暗い」と悩んでいる地黒さんは、雑誌などのメイク方法を参考にメイクしてみても「なんだか肌になじみにくい…」「少し不自然に見えるような…?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 「地黒向けの可 ...

-スキンケアをして可愛くなりたい
-, , , ,

Copyright© 可愛くなりたい , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.