本気で可愛くなりたい!そんなあなたに誰でも簡単に可愛くなれる方法を伝授!いつも可愛いあの子が実践している秘密の可愛くなれるテクをこっそり教えちゃいます!

可愛くなりたい

可愛くなりたい.jp編集部

メイク

【眉毛が上手に描けるアイテム】を使って可愛くなる方法|簡単&キレイに!

更新日:

モデルさんや女優さんを見ていると、左右対称に揃った綺麗な眉毛が特徴的ですよね。綺麗な眉毛を描くのに便利なアイブロウアイテムを紹介します♪

眉毛がなんとなく決まらない・・・

眉毛はメイクをする上で重要な部分でありながら、うまく描けないと顔全体がパッとしない印象になってしまうくらい難しい部分でもあります。

「眉毛を描いてもなんとなくぼんやりする・・・」

メイクを始めたばかりのときは、こんなお悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

アイブロウペンシルでただ足りない部分を描いているだけ

という人は、今のアイブロウメイクをちょこっと一工夫するだけで一気に可愛くなれる方法があるんです!

アイブロウメイクが決まっていれば第一印象もばっちり◎

大人っぽい!可愛い!を目指している人は、今のアイブロウメイクを見直してみましょう♪

なぜ眉毛がそろっていると可愛くなれるの?

そもそも、なぜアイブロウメイクがそこまで重要なのでしょうか。

それは、眉毛は顔の部分を保っている部分であるからです。

シンメトリー効果

というのを聞いたことがありますか?

シンメトリー効果とは、人間は左右対称(シンメトリー)のものに対し、誠実感・信頼感・安定感・安心感といった好意を持つという効果のことです。

これをメイク(顔)でたとえてみると、

左右対称できちん整ったメイクができている人は、相手に好印象を与えることができる

とも言えます。

逆に、左右非対称(アシンメトリー)でバランスが崩れているものに対しては、不安感や違和感を感じてしまいます

顔では、眉毛、目、耳がそれぞれ左右対称に並んでいますよね。

目、耳は生まれつきということもあり、左右非対称であるということはほとんどありません。

しかし眉毛の場合は、アイブロウメイクをしないままだと左右非対称であることが多いんです。

すると、相手には不安感や違和感といったマイナスなイメージを与えてしまうことになりかねません。

そこで、メイクでバランスを整え左右対称にしてあげることが必要なのです。

アイブロウメイクをすることで左右非対称は解消できるので、相手には不快感ではなく、好印象を与えることができます。

つまり、可愛く見えるんです!

こういう理由もあることから、メイクをする上で眉毛は一番重要な部分かつ難しい部分であるんですね

眉毛が決まらない人に考えられること

「眉毛が上手に描けない・・・」と悩んでいる人に考えられることは、ズバリ左右非対称であることです。

両眉が左右非対称になってしまう理由としては、

・両眉の毛の生え方が違う

・両眉の高さが違う

といった眉毛自体に問題がある場合と、

・眉の筋肉のつき方の違い

・顔の骨格が歪んでいる

といった筋肉や骨格が関係している場合があります。

後者の場合は、日々の生活習慣や癖などが大きな原因です。

例:肘をつく脚を組むいつも同じ方向を向いて寝ている など

こちらの場合は、やめたからといってすぐに治るわけではありません。

しかし前者の場合(眉毛自体に問題がある場合)は、眉毛を整えたりアイブロウメイクを一工夫したりすることで改善できます

持っておきたい万能アイブロウアイテム

アイブロウメイクを一工夫するためには、テクニックだけでなく「何を使うか?」という点に気を遣うのも大事なんです。

上手に描ける自信がない!と思っている方は、上手に見せてくれるアイテムに頼るのもおすすめです。

「今までペンシルしか使ったことがない!」という方は、他にも色々なアイテムがあるのでぜひ使ってみましょう!

そこで、メイク初心者の方に特におすすめしたい万能アイブロウアイテムを紹介します。

アイブロウパウダー

アイブロウパウダーの一番の魅力は、簡単にふんわり眉が作れるところです。

パレットタイプで3色セットになっているものが多いので、髪色やなりたいイメージに合わせた色をチョイスすることができます。

眉色は、髪色よりもワントーン明るい色を選ぶことで垢抜けて見えます。

黒髪の方も、黒色ではなく落ち着いたブラウンを選んでみましょう♪意外とナチュラルに見えますよ!

また、眉頭をきちんと描くことで眉の輪郭がしっかりと出て、綺麗な眉毛に整います。

ペンシルだと力加減が一定で濃くなりがちですが、パウダーの場合は調節しやすいのでおすすめです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

i_am_mimiさん(@i_am_mimi.33)がシェアした投稿 -

WHOMEE / アイブロウパウダー

ふんわりとした印象の眉を作りたいときにおすすめのアイシャドウパウダー!

定番のブラウン濃いめブラウンはもちろん、〈Nブライトブラウン〉では少し赤みがかったブラウンも揃っているので、垢抜けた印象を作ることもできますよ♪

ミラー&ブラシ付きなので、メイク直しの際にも使えます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yumi Yamakiさん(@yuumiyamaki)がシェアした投稿 -

KATE / デザイニングアイブロウ3D

KATEのアイブロウパウダーは、ノーズシャドウも一緒になった便利なタイプ!

黒髪の方にもおすすめのカラーリングなので、初めてのアイブロウパウダーにぴったりです。

アイブロウマスカラ

パッと印象を変えて垢抜けたい!」という人におすすめなのが、アイブロウマスカラです。

眉毛専用のマスカラで、簡単に眉毛の色を変えることができちゃいます!

黒色のままだと子供っぽく見えたり重く見えたりすることもあるので、茶色のアイブロウマスカラを使うことで印象がガラリと変わりますよ♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

えりんこさん(@02ss.iii)がシェアした投稿 -

エスプリーク / スタイリングアイブロウマスカラ

エスクリープのアイブロウマスカラはブラシ先端がふわっとしているので、べったりと付かず自然な眉スタイリングができます。

眉頭にもきちんと塗れるので、初めて使う人にも♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

りぃさん(@riarejp)がシェアした投稿 -

ヘビーローテーション / カラーリングアイブロウ

アイブロウマスカラの中でも大人気!

ブラシが小さく小回りが利くので、眉周りの余分な箇所にもはみ出さず使えます。

高発色&高キープ力で、しっかりメイクをしたい人にもおすすめ♪

アイブロウブラシ

眉毛を描く道具を変えるだけでも、綺麗な眉毛を描けるようになります。

平たく斜めになっているアイブロウブラシは、パウダーで眉尻部分を書き足したいときはスーッと簡単に!

眉頭をしっかりと締めたいときも、パウダーをふんわりとのせることができるブラシを使うことで、眉毛が綺麗に描けますよ♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

tamaさん(@tamacchi22)がシェアした投稿 -

WHOMEE / アイブロウブラシ

WHOMEEのアイブロウブラシは、「描きやすい!」「簡単に美眉になれる!」と一時品切れ状態が発生しているほどの人気ぶり。

ネットでも商品入荷未定となっているところもあるので、もしも見かけたらぜひゲットしたいアイテムですね!(実は筆者も狙っていますが、なかなか店頭で見つかりません・・・!)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tomommyさん(@tomommy14)がシェアした投稿 -

ROSY ROSA / アイブロウブラシ

多くのメイク道具を出しているROSY ROSAのアイブロウブラシも人気です。こちらは比較的手に入りやすいですよ!

メインのブラシの反対側にミニブラシorスクリューブラシ付きの2タイプあるので、使い方やお好みに合わせて選んでくださいね。

左右対称の眉毛で垢抜けた印象に♪

眉毛は、自分の印象を作る上で重要な部分です。

左右非対称になっていたりぼんやりしていたりすると、マイナスイメージを与えてしまう可能性もあるかもしれません。

左右対称の眉毛をいきなり描くのは難しいですが、今回紹介したアイブロウパウダーやアイブロウマスカラなどのアイテムを使うことで、より綺麗により簡単に描くこともできます!

眉毛を描くのはペンシルだけではないので、ぜひ色々なアイテムを試してみてくださいね。

可愛くなりたい人気記事3選

1

1ヶ月あれば今よりもずっと可愛くなれる!可愛くなるために今日から実践したい5つのポイントを紹介します。 たかが1ヶ月されど1ヶ月。「新学期までに可愛くなりたい!」「イベントまでに可愛くなりたい!」と思 ...

2

奥二重さん・一重さん向けデカ目メイクには『ダブルラインメイク』がおすすめ! 二重まぶたグッズなし、ナチュラルメイクで綺麗な二重に見せましょう♪ 目次1 〈ダブルラインメイク〉で可愛くなりたい!2 なぜ ...

3

憧れの透明感ある色白肌!とまではいかなくても、顔色をパッと明るく透明感のあるメイクに仕上げたいですよね。 「肌が暗い」と悩んでいる地黒さんも、実はメイク次第で透明感あるメイクを作ることが出来ちゃうんで ...

-メイク
-, , , , , , ,

Copyright© 可愛くなりたい , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.