本気で可愛くなりたい!そんなあなたに誰でも簡単に可愛くなれる方法を伝授!いつも可愛いあの子が実践している秘密の可愛くなれるテクをこっそり教えちゃいます!

可愛くなりたい

可愛くなりたい.jp編集部

メイク

【日焼け対策】をして可愛くなる方法|色白肌になりたい!

更新日:

「シミ一つない色白肌になりたい!」こう思っている女性はきっと多いですよね。可愛い女の子と言えば『透き通るような白い肌』が象徴的です。そのためには「日焼け対策」が欠かせません!

そこで今回は『日焼け対策をして可愛くなる方法』をお教えしちゃいます!

透明感ある色白肌になりたい!

色白肌を目指すためには日焼け止め!

透き通るような白い肌』を手に入れるためには、

肌の日焼けを防ぐこと

シミやそばかすを作らせないこと

が必要です。

シミを作らせないためには、実は10代~20代からの日焼け対策が重要であると知っていましたか?

日焼け対策をしなければ必要以上に紫外線を浴びてしまい、シミやくすみがどんどん出来てしまう流れに・・・。

「まだまだシミなんて先の話だし…」

と思い紫外線対策を怠っていると、いつの間にか色白肌から遠ざかっているかもしれません。

日焼け対策の基本は「日焼け止め」

とはいえ、毎日の日焼け対策でできることは限られています。

毎日必ず行って欲しいのは、日焼け止めを塗ること!日焼け止めは基本中の基本。

モデルさんや女優さんはもちろんのこと、「可愛い女の子はみんな日焼け止めを使っている」と言っても過言ではないくらいマストです!

日焼け対策になることはもちろん、学校にメイクをしていけない学生さんでも比較的使いやすいので、ものによっては化粧下地代わりとして使えることも♪

ナチュラルメイクにも欠かせないアイテムなので、必ず1つは持っておきたいところです!

日焼け止めのSPFってなに?

日焼け止めのSPFってなに?

日焼け止めを選ぶ上で避けて通れないのがSPF。まずはSPFについて簡単に説明します。

SPF値が高い=絶対焼けない」と思っている人もいると思いますが、実はそういうワケではありません

SPFの役割とは、簡単に言うと「日焼けするまでの時間を遅らせることができるもの」です。

つまり、

数字が高ければ高いほど「日焼けするまでの時間を遅らせることができる」

ということになります。

必ずしも「焼けない」ということではないので、覚えておきましょう!

もしも「絶対に焼けたくない!」と思うのであれば、

2~3時間おきに塗り直しすること

が一番効果が大きいです。面倒になりがちですが、ここを習慣化してしまえば日焼け対策はバッチリです!

なぜ日焼け対策をすると可愛くなれるの?

(1)肌が焼けるのを防いで可愛くなれる

日焼け止めを使うことで、肌が焼けるのを防いでくれます

日焼け止めを使っていないと、夏が来た頃には時すでに遅し。すでに焼けて真っ黒に…なんてことも当たり前です。

色白肌を目指すのであれば、夏の日焼けは大敵!必ず日焼け止めを使って予防しましょう。

(2)シミが出来るのを防いで可愛くなれる

そして、日焼け対策を行うことで、将来的にシミができるのも防いでくれます。これが最大のメリット!

紫外線を浴びると肌の内部にメラニンとよばれるものが作られ、それが黒い色素沈着となってシミとして見られます。

今は大丈夫と思っていても、後々シミが出てきて後悔する可能性も大いにあるんです!

シミだらけの顔だと色白肌からは程遠く、「肌に自信が持てない…」と感じる方も多いでしょう。

日焼け対策を行うことで肌が受ける紫外線の影響も小さくなるので、シミ予防に繋がります

(3)肌がワントーン明るくなり可愛くなれる

日焼け止めの中には、化粧下地の役割を担っているものもあります。

「今までメイクをしたことがない」という方でも、日焼け止め兼化粧下地であれば使いやすいのではないでしょうか?

化粧下地は、肌の色ムラを整えて綺麗に見せてくれます。つまり、肌の色をワントーン明るく、そして綺麗に見せてくれるのです♪

より綺麗にしたいのであれば、その上からフェイスパウダーを付けるのがおすすめ!厚塗り感なくナチュラルメイクに仕上がるので、

初めてメイクをする人

学校に少しだけメイクしていきたい人

にも日焼け止めはおすすめですよ。

今日から使いたい!おすすめ日焼け止め

とにかく焼けたくない人向けの日焼け止め

上記で説明したことを踏まえて、日焼けを徹底的に防ぎたい!という人は、汗や水に強いウォータープルーフを使いましょう。

夏は汗をかく機会が多いと思いますが、その度に日焼け止めも一緒に落ちてしまいます。

汗や水に強いウォータープルーフタイプであれば、通勤通学や運動したときでもすぐには落ちません。

 

View this post on Instagram

 

kenshou_mamaさん(@kenshou_mama)がシェアした投稿 -

ビオレ / ビオレUVアクアリッチウォータリーエッセンス

人気日焼け止めビオレのウォータープルーフタイプです。ジェルタイプなのでするすると軽い付け心地♪

白浮きもしないので出先での塗り直しにもおすすめです。

ウォータープルーフなのに石けんで落とせるので、できるだけ負担を減らしたい人も使いやすいですね!

ジェルタイプ

SPF50+ PA++++

石けんオフOK

 

View this post on Instagram

 

ribachibiさん(@ribachibi)がシェアした投稿 -

アネッサ / パーフェクトUVスキンケアジェル

日焼け止めといえばアネッサ!という人も多い定番日焼け止め。

汗や水に触れるとUVブロック膜が強くなる技術が採用されており、徹底的に日焼け対策ができます。

https://twitter.com/mimapon_com/status/1135529507270549504

アネッサの中でも石けんオフOKのマイルドタイプです♪

ジェルタイプ

SPF50+ PA++++

石けんオフOK

透明感が欲しい人向けの日焼け止め

透明感が欲しい!という人は、パープルベースの日焼け止めを使うと肌がワントーン明るく見えます。

化粧下地と兼用できるので、メイク用としても使いたい!という人にもおすすめ♪

 

View this post on Instagram

 

@mogu_mogu_1230がシェアした投稿 -

スキンアクア / トーンアップUVエッセンス

SNSでも大人気のトーンアップUVエッセンス。パープルカラーで肌を程よく明るく見せてくれますよ♪

パープル×ブルーの爽やかなカラーデザインも女の子らしくて可愛いですね。

同シリーズのスプレータイプもあるようなので、塗り直しを簡単にしたい人はセットで使うのも良いかもしれません。

 

SPF50+ PA++++

石けんオフOK

ウォータープルーフ

 

この投稿をInstagramで見る

 

しおりさん(@umeboshitomisoshiru)がシェアした投稿 -

ナリスアップ / パラソーラ イルミスキンUVエッセンス

同じくパープルベースの日焼け止めです。

保湿成分が多く配合されているので、しっとりと潤ってくれるのも嬉しいですね!

SPF50+ PA++++

石けんオフOK

ウォータープルーフ

日焼け止めの使い方

日焼け止めを塗るときには、塗りムラを防ぐためにも4~5か所に点置きすることがポイントです。

塗り方一つで肌の焼け方にも影響が出てくるので、丁寧に塗るようにしましょう!

ひやけどめを塗る箇所

①おでこ

②両頬2か所

③鼻

④あご

おもに上記の場所に日焼け止めをポンポンと置き、そこから全体に塗り広げていきます。

このとき、こするように強くなじませるのはNG!肌に負担をかける原因にもなるので、優しくなでるように塗りましょう。

他にもある!色々な日焼け対策

日傘

 

この投稿をInstagramで見る

 

北欧、暮らしの道具店さん(@hokuoh_kurashi)がシェアした投稿 -

日傘は紫外線をカットする上でかなり効果的!

日焼け対策ができるのはもちろんのこと、直射日光を防ぐことができるので熱中症対策にもなります。

言ってしまえば「自分だけ常に日陰状態」にでき体感温度がぐっと下がるので、暑さに弱い人はぜひ使って欲しいですね。

色選びにも迷ってしまうところですが、

紫外線を吸収するので、跳ね返りが少なく日焼け対策の効果アップ。しかし紫外線を吸収して熱がこもるため、暑さを感じやすい

紫外線を反射してしまうので、照り返しなどで日焼けの影響を受ける可能性が黒よりも高い。しかし熱を吸収しないため、暑さを感じにくい

と黒と白にはこのような違いがあります。

帽子

 

この投稿をInstagramで見る

 

VitaFelice[ヴィータフェリーチェ]さん(@vitafelice_shop)がシェアした投稿 -

日傘を差すのが面倒だったり両手を開けたいときには帽子もおすすめ!こちらも頭への直射日光を防げるので、熱中症対策にもなります。

顔全体の日焼けを防ぐためには、ツバが全体に広がっているつば広ハットを選びましょう。

柔らかい素材でコンパクトにたためるタイプも多いので、持ち運び面でも苦になりません。

UVカットカーディガン

 

この投稿をInstagramで見る

 

ビックロユニクロ新宿東口さん(@uniqlo_bicqlo)がシェアした投稿 -

「着る日焼け止め」とも言われているユニクロUVカットカーディガンは、腕やうなじなどつい忘れがちな場所の日焼け対策にぴったり!

軽い着心地の長袖カーディガンは、夏の冷房対策にも重宝します。

ポケッタブルタイプのUVカットパーカは撥水使用になっているので、長時間野外にいるときなどにも便利です♪

日焼け対策は夏だけではダメ!

日焼け止めは夏だけでいいの?

もしかすると、「日焼け対策は紫外線量が多い夏だけする」という人がほとんどかもしれません。

しかし実は、紫外線は一年を通して降り注いでいます。11月~1月の冬は紫外線量も減少傾向ですが、2月になると一気に増える傾向にあります。

特に、日頃から自転車を乗っている人、部活動やサークルで運動をしている人は季節を問わず一年を通しての日焼け対策が必要です。

必要と言われても、さすがに冬に日傘を差すのは勇気がいりますよね。そこで、夏以外の日焼け対策の基本は「日焼け止め」。

「夏になったら日焼け止めを使う」のではなく、一年を通して日焼け止めを使うようにするだけでも、十分に日焼け対策ができますよ♪

季節を問わず日焼け対策を!

日焼け止めは、紫外線から肌を守ってくれる大切な役割を持ちます。

紫外線量が多い夏だけ予防すればいいというわけではありません!モデルさんや女優さんはもちろん、可愛い子はみんな日焼け対策をしています

綺麗な肌になりたい」「透明感が欲しい」と思っている方は、一年を通して日焼け対策を行うようにしましょう。

特に日焼け止めは種類豊富なので、ぜひお気に入りを見つけてくださいね♪

可愛くなりたい人気記事3選

1

1ヶ月あれば今よりもずっと可愛くなれる!可愛くなるために今日から実践したい5つのポイントを紹介します。 たかが1ヶ月されど1ヶ月。「新学期までに可愛くなりたい!」「イベントまでに可愛くなりたい!」と思 ...

2

奥二重さん・一重さん向けデカ目メイクには『ダブルラインメイク』がおすすめ! 二重まぶたグッズなし、ナチュラルメイクで綺麗な二重に見せましょう♪ 目次1 〈ダブルラインメイク〉で可愛くなりたい!2 なぜ ...

3

憧れの透明感ある色白肌!とまではいかなくても、顔色をパッと明るく透明感のあるメイクに仕上げたいですよね。 「肌が暗い」と悩んでいる地黒さんも、実はメイク次第で透明感あるメイクを作ることが出来ちゃうんで ...

-メイク
-, , , , , , , ,

Copyright© 可愛くなりたい , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.